本文へスキップ

すべてに・・・ありがとう 私たちはそう言っていただけるお別れをご提案いたします。

092−925−4444

〒818-0059 福岡県筑紫野市塔原東4−3−5

その後/手続きRECRUIT

お葬儀のその後

別ページでお葬儀の流れについて説明しました。ではお葬儀後はどうしたらいいのでしょうか。
それを今から主なものだけ説明いたします。
なお、もっと詳しくお聞きになりたい方は、いつでも筑紫葬祭までお電話・メールを下さい

お葬儀後の手続きはこちらへお葬儀後の手続き
仏式の場合  
 故人が亡くなってからの日数  呼称  内  容
  7日目  初 七 日  火葬終了後に行う事もある。近親者・知人を招いて法要する。法要後、会食を行う。  
 14日目   二 七 日 遺族・近親者で行う事が多い。 
 21日目 三 七 日 同  上
 27日目  四 七 日 同  上 
 35日目 五 七 日 遺族・近親者で行う事が多い。
この日に忌明け納骨をされる方もいる
 42日目  六 七 日 遺族・近親者で行う事が多い。 
 49日目  七 七日忌 近親者・知人を招き、忌明けの法要を行った後、忌明けの
宴を開く。納骨もこの日にされる方が多い。
100日目  百 か 日 近親者・知人を招き、故人を偲んで供養します。 
 初めてのお盆  初 盆 近親者・知人が尋ねてくる。お寺さまを呼び、棚経と言われる短いお経を読んでいただきます。 
満1年目  1周忌  近親者・知人を招き、故人を偲んで供養します。 
満2年目  3回忌  同  上 
 満6年目  7回忌 同  上
 満12年目 13回忌 同  上
満16年目  17回忌  宗派、地域によって異なりますが、十七回忌から五十回忌で
法要を終え、永代供養をする。
 満22年目  23回忌 同  上
 満32年目  33回忌 同  上
 満36年目  37回忌 同  上 
 満49年目  50回忌 同  上

 神式の場合
故人が亡くなってからの日数 呼 称 内   容
 十日目  十日祭 献饌、祭詞、玉串奉奠などを行う 
 二十日目  二十日祭 遺族だけで行うことが多い。 
三十日目  三十日祭 同  上 
 四十日目  四十日祭  同  上
 五十日目  五十日祭 親族・知人を招き、忌明けの供養をする。神職を呼んで、献饌、玉串奉奠などをおこなう。この日に納骨される方が多い 
五十日祭の翌日  清祓祭 修祓して、清祓の儀うを行う。 
 初めてのお盆  新盆 仏式と同様に故人の供養を行う。 
百日目  百日祭 親族・知人を招き故人を偲んで供養する。 
満一年目   一年祭 同  上 
 満二年目   二年祭  同  上
 満五年目   五年祭  同  上
 満十年目   十年祭  同  上
 満二十年目   二十年祭  同  上
 満三十年目   三十年祭  同  上
 満五十年目   五十年祭  同  上