従業員 コラム 2015
12月  「事前相談」
 

  ここ数週間毎日のように、軽減税率のニュースが報道されていますが、何れにせよ税率が上がり、我々のお財布を直撃するのは紛れもない事実であるということは、皆さんご承知のことと思います。

 

そこで、いつ訪れるか分からない「お葬儀」についても、ここで少し考えて頂ければとお話しをさせて頂きます。

 
 「お葬儀に掛かる費用」
は、参列される人数、それに伴う式場の広さ
などによって変わってきますが、決して安い金額ではありません。

まだまだ先のことで、その時に考えればいい、と思われる方が多いと思いますが、『訪れたその時』は連絡・手配・準備と、時間が幾らあっても足りない位ですし、費用の工面もしなければいけません。

 

そこで知っておいて頂きたいのが、『無料で事前相談ができる』ということです。

「知っておきたい豆知識」また「経済的ご負担を軽減するためのご葬儀

プランのご紹介」など、『訪れたその時』に安心してお通夜・お葬儀に臨んでいただけるように、お一人お一人の立場になって、一緒に考え、ご説明させて頂きます。是非一度、事前相談をされてみませんか。

 

 長い人生、『人をおくる立場』になることはそう何度もありません。

いつかは分かりませんが、『訪れたその時』のために、安心のために、皆 さんの事前相談をお待ちいたします。


                                        平成27年 12月 14日


11月  「秋の色」
  皆様、こんにちは。

暑い夏も終わり、いよいよ秋の色が濃くなってまいりました。

11月に入り朝晩は特に寒く立冬も過ぎ暦の上では冬ですが、日中はポカポカと暖かく木々は紅葉し秋らしい日が続いています。

秋と言えば、『○○の秋』という言葉をよく耳にしますが、それは『秋』が何をするにしても適した気候であるからだと言われています。日頃の趣味など以外に、新たに何か始めてみるには丁度いい機会かもしれません。また、秋はいろいろな美味しいものが実る季節でもあります。美味しいものをたくさん食べて、楽しいことをたくさんして『秋』を満喫したいですね。

 ただ急な気温の変化や乾燥にはご注意ください。くれぐれも体調を崩されませんように。


                                        平成27年 11月 14日


10月  「スーパームーン」
  皆様、こんにちは。

暑い夏も終わり、いよいよ秋の色が濃くなってまいりました。

先日は、中秋の名月。福岡では曇りで、なかなか「見たよ」という方も少なかったのではないでしょうか。そして次の日は「スーパームーン」。これは次見れるのが何十年後だそうです。これまた曇ってましたから非常に残念でした。

うちの子も、「お団子を作ってお月様を見るんだ」といって、期待していたところだったので、次の「スーパームーン」を待つしかありません。その時は、お団子は無いかも・・・。

という風に秋を満喫しております今日この頃ではございますが、朝晩の寒暖差もあります。どうぞお体には十分ご自愛いただきますように、お願い申し上げます。


 
                                        平成27年 10月 9日


9月  落成式
 

 9月11日の夕方、先日改装工事が終了したセレモニー筑紫の落成式を執り行いました。御笠組の方々にお勤めを頂き、また工事に携わった方々、当社の取引先
などをお招きし盛大に執り行うことができました。
新しくなりましたセレモニー筑紫をどうぞご覧頂き、ご活用下さい。

             

 *随時、式場の見学を受付しています。ご遠慮なくどうぞ!
                                        平成27年 9月 17日


8月  改装工事を終えて
 

 約一か月半の式場改装工事を終えて、装いも新たにリニューアルオープン

する運びとなりました。今まで以上に、ゆったりと過ごしていただける式場

となっております。無料での事前相談も行っておりますので、どうかお気軽

にご来場下さいますことを、従業員一同願っております。

また8月15日18:00より初盆合同供養祭を例年同様実施いたします。


ご家族ご一緒での精霊送りに合わせて、是非式場をご見学下さい。


                                      平成27年 8月 15日


7月  『山笠』
 

 今年も博多祇園山笠(以下、山笠)が開催されます。『山笠』は700年以上の歴史があり、博多どんたくとともに博多を代表するお祭りです。

 

 『山笠』と言えば最終日にヤマを担いで駆け回りそのタイムを競う『追い山』が印象的ですが、『追い山』は最初から行われていたわけではなく、江戸時代に先を進む『流』(ヤマを担ぐグループ)を後続が追い越したことで、2つの『流』が追いかけっこを始めたことが起源と言われています。

 

  ヤマの装飾と男たちの活気、そして追い山の迫力…
  まだ見たことがない方は是非体感してみてください。

 

 さて今年もお盆の時期が近付いております。例年通り815日には当斎場に於きまして、初盆供養祭を開催いたします。

斎場内もリニューアル致しますので、是非ご来場ください。
従業員一同、お待ちしております。

 

では皆様、時節柄体調には気を付けて、頑張ってまいりましょう。



                                      平成27年 7月 10日


6月  梅雨です
 じめじめして気分も憂鬱になってしまいますね。

しかし、草木にとっては恵みの雨であったり、落ち葉を腐らせ腐葉土にし、栄養が湧き出る時期でもあります。

 
最近の日本は異常気象が多く、大型台風や、ゲリラ豪雨など想定外なことが頻繁におきます。何十年前の気候とは明らかに違います。

皆様方もわたしも草木同様、この変な夏を乗り切れるよう、この梅雨時期に腐らず、元気を蓄えておきましょう。

 

 ちなみに、梅雨の語源ですが…
中国ではもともと、黴(カビ)が生える季節ということから「黴雨」(ばいう)となっていましたが、カビでは語感が悪いことから、同じ読みの「梅」を使い「梅雨」とした説。
「梅の実が熟す時期の雨」ということから「梅雨」となった説など、諸説あるようですよ。

 

では皆様、時節柄体調には気を付けて、頑張ってまいりましょう。



                                      平成27年 6月 12日


5月  GW
  

 皆様こんにちは。先月の肌寒さから一転、日中は汗ばむ陽気となりましたが、
体調管理はしっかり出来ていますか?急な気温の変化に戸惑いつつも、風邪に
ならずに仕事をしています。
 さて世間ではゴールデンウィークの終わりに差し掛かっています。今年は飛び石
連休の影響もあり、近場の行楽地などが多かったように感じますが、皆様はいかが
でしたか? 
 私たちサービス業に従事している方々は中々連休をとれず苦心している方もいると思いますが、世間が連休中であればこそ稼ぎ時だという気持ちを持って、仕事を
頑張りましょう。
 但し家族がいる方々は少ない休日でも、家族サービスは忘れずに・・・



                                      平成27年 5月 5日

 4月  東日本大震災の被災地を訪ねてきました
  
  海岸に辿り着くまでの広大な平地に、青い樹木は全くと言っていいほど

 見当たらず、目に入ってきた光景は、ただ荒れ果てた広大な土地と、廃校

 が決まったコンクリート4階建ての小学校の校舎だけがその場所に残って

いました。「テレビで見たがれき」は全て撤去されていましたが、荒れ果

てた土地に足を踏み入れてみると、土地の区画を示すように家の基礎部分

だけが残っていて、そこにあったであろう家やその家に住んでいた人達が

津波で流されてしまったことを思うと、胸が締め付けられるような思いが

しました。

   
  震災から4年がたった3月、仙台市内の方に案内して頂き訪ねたのは、

仙台市若林区の荒浜地区です。ここは、海水浴場に隣接する一戸建てが立

ち並ぶ住宅街だったそうで、震災当日はサーフィンの大会もあっていたそ

うです。路線バスが通り、コンビニを利用する人、また県道を挟んで反対

側は広大な田畑が広がり農作業をする人たちと、ごく普通の街並みだった

ようです。そのごく普通を震災の津波が、人々の命、人々の生活全てを一

瞬で奪い去ってしまうのですからテレビで見た以上に、ここに来て震災の

恐ろしさを目の当たりにしました。

 
  また私たちは震災当日、数時間後からリアルタイムでテレビを通し状況

を把握することが出来ましたが、仙台に住む人たちは、地震が起こったこ

とは分かっていても廻りがどのような状況下にあったのか、全く分からな

かったそうです。なぜなら電気・水道などライフラインが止まってしまい

テレビが見れなかったからだとか…。お話をお伺いした方は3日後にラジ

オを手に入れてことの重大さを知り、多くの方々が亡くなったことを知っ

たそうです。

 

 各報道で解説者の方々が言われているように、今回被災地を訪ねて思ったことは、「日本で暮らす人達一人一人がこの震災を忘れないこと」だと改めて思いました。たとえボランティア、募金、寄付など出来なくても、この震災を忘れずに震災に対する関心を持ち続けることと、聞いたことや体験した事を後の人たちに語り継いでいくことこそが、生きている私たちの責務だとも思いました。

  最後になりますが、海沿いに震災後建立された

 慰霊碑に手を合わせ、お参りをしてきました。

 亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

                                     平成27年 4月 13日


 3月  弥生
  

 今月に入り朝晩の冷え込みも和らぎ特に日中は暖かく、春の訪れを肌で感じられるようになってきました。そんな「3月」を日本では弥生(やよい)とも呼びますが、その由来は「木草 弥や 生ひ 月(きくさ いや おひ づき)」(意味:草木がいよいよ生い茂る月)が詰まって「やよひ=やよい(弥生)」となったという説が有力だと言われています。

 3月は草木にとって花を咲かせるために、背を伸ばしてお日様の光をたくさん浴びる準備期間であるように、世間では月を通して卒業式や送別会が行われ、新生活の準備で忙しくなる時期でもあります。

 

そんな慌ただしい季節の変わり目に体調を崩されないようにお気を付け下さい。

皆様の新たなスタートが良いものでありますように。



                                      平成27年 3月 8日

 2月  立春
  

 先日、立春を迎え、春の訪れを少しずつ感じるかと思いきや、全国的に寒い日が続いております、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

 昨年から、インフルエンザが猛威をふるい、今季の感染者はとても多かった気がします。病気になりますと、やる気まで失せてしまいますよね。私は今年、人としての成長や、社会人としての成長を、己の目標として掲げております。そのためにも、根本的な私生活からすべてを見直すことが大事だと考え、実践していきますが、なかなか難しいのも現実です。(笑)

 二十四節季でいう雨水が今月の19日です。雨水というのは今まで降っていた雪が雨に変わり始めるころだそうです。自分を含め、皆様も体調には十分配慮し、早くも20152カ月が過ぎようとしておりますが、頑張ってまいりましょう。

         
                                      平成27年 2月13日

 1月   謹賀新年
  
 皆様、遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。今年初めてのコラムとなります。
 
 さて皆様はお正月どのように迎えましたか? 
初詣に行かれ今年のお願いごとをされた方、帰省や旅行などで県外・海外で過された方、家でゆっくり過ごされた方、年末から正月まで休みなく働いている方、など・・・
それぞれの過ごし方をされてきたと思います。

 2015年何事もなく無事過ごせるように、気持ちも新たに頑張っていきましょう。
巷ではインフルエンザが流行の兆しを見せていますので。手洗い・うがいなどをしっかり行い自己防衛に努め、健康な1年を過してまいりましょう。

         

         新事務所の移転先は下記の通りです

      * 旧本社・・・福岡県筑紫野市二日市中央3丁目2-21
                    ↓
       新社屋・・・福岡県筑紫野市塔原東4丁目3-5
                (専用斎場・セレモニー筑紫と同じ)
                                       平成27年 1月 9日