本文へスキップ

すべてに・・・ありがとう 私たちはそう言っていただけるお別れをご提案いたします。

092−925−4444

〒818-0059 福岡県筑紫野市塔原東4−3−5

挨拶文例ACCESS

お葬儀での挨拶は大きく分けて3回あります。通夜の挨拶・葬儀での挨拶・出棺での挨拶となりますが、ここでは3回の挨拶と弔辞も含めて文例を紹介します。
なお、どの挨拶も喪主が必ずしなければならないということはありません。


文例集

  Point!
通 夜

夜にご会葬を頂いている事、明日葬儀があるという事を踏まえて、挨拶をされると良いでしょう。(葬儀の挨拶に比べて簡単に)

葬 儀

昼のお忙しい中にご会葬をして下さっている事への感謝、故人の性格、人柄、趣味、家庭内の故人像、皆様へのお礼とお詫び等を踏まえて挨拶をされると良いでしょう。

出 棺

最後までお見送りして頂いているお礼。
場所柄短めが良いでしょう。
(葬儀の中で挨拶をされない場合は、出棺の挨拶がメインになりまのでその場合は短めでない方がいいです。)

弔 辞 弔辞は本来ご会葬の方にお願いして言ってもらうものではありません。
弔辞を述べたい方は喪主様に申し出て下さい。
内容は故人との楽しかった思い出、苦楽を共にした思い出、故人の人柄を述べ、最後に故人に対する感謝の言葉を述べるのがいいと思います。

バナースペース

有限会社 筑紫葬祭

〒818-0059
福岡県筑紫野市塔原東4-3-5

TEL 092−925−4444
FAX 092−925−4949

E-mail. info.sougi4444@chikushi.co.jp